【お知らせ】メンバーのコロナ感染につきまして

【お知らせ】

メンバー 佐倉春来が体調不良のためPCR検査を受けた結果、本日コロナ陽性と判断されました。

そのため、7/24(日)に開催予定の「RiPPLe FESTIVAL vol.2」は、佐倉春来は欠席とさせていただきます。

なお、他メンバーは東京都福祉保健局の定義により濃厚接触者には該当しないため、当日は6人で出演する方向で進めております。

 作曲家

 


Sohbana
2017年にVOCALOIDを用いた動画投稿を開始し、近年ボカロP・作家として躍進を続ける。滋賀県出身。
独特な語彙で表現される歌詞に定評がある。
代表作に「ピンシアニール」「月が遠いですね。」「ボーイズセイハロウ 」など。
playlist(作曲)

 振付&パフォーマンス指導

 


ツカサキッズ
城間ツカサ&キドアリサが育成、プロデュースするキッズパフォーマンス集団。
2011年12月、ダンス無料体験に集まった1期生4名でスタート。1期生は高校生になった現在も踊り続け2023年現在、5歳~高校生の約30名が在籍中。その殆どのメンバーが7~10年継続しているのが自慢のチームです!

【主な出演】
《テレビ》NHK『イッキ見』/Eテレ『ハピクラ』/MX『こどーMO!』など
《CM》PayPay/クラシエフーズ/TOKAI/JRAなど
《映画》ダンスウィズミー
《バックダンス》おれパラ小野大輔ダンサー(両国国技館)/タスクハブファン(中野サンプラザ)/A3!/下野紘/水前寺清子/松本梨香/ブラザーコーン他多数
《YouTube》
ツカサキッズちゃんねる
https://youtube.com/@TSUKASAKIDS?si=-wkzt2TC6ZvRElYk

バックダンスや振付アシスタントとしてココリプを全力でサポート!応援します!!!

 振付&パフォーマンス指導

 


城間ツカサ
沖縄県出身。インターハイ全国準優勝の元バスケットボール選手。中2から独学でダンスを始めクラブイベントを経て1998年TRFライブで遂にプロデビュー。
【ダンサーとして】
サザンオールスターズ/嵐/ケツメイシ/桑田佳祐/氷川きよし/小野大輔/鈴木あみ等ツアーにも多数参加。
MVやテレビ、イベントのバックダンサーとして北島三郎/坂本冬美/天童よしみ/トニセン/fha'na/ブラザーコーン/ウルフルズ/はるな愛/等々多数。
NHK紅白歌合戦には人知れず10年以上連続で出演。

【モーションダンサーとして】
ゲーム『Persona』では足立透/荒垣真次郎/モルガナとして人気。アイドリッシュセブンにも参加している。

【振付師として主な振付作品】
映画ゲゲゲの鬼太郎/ミュージカル忍たま乱太郎/山崎育三郎/初音ミク/ペルソナ/小野大輔/トニセン/嵐/など。

【講師として】
幼稚園児~60代まで週に7クラスをレッスン中!

ツカサキッズちゃんねるでは、撮影と編集も行っている。

ツカサファミリーHP
https://tsukasa-works.amebaownd.com/

 振付&パフォーマンス指導

 


キドアリサ(城戸亜利抄)
●13歳でテレビ東京『少女雑貨専門TVエクボ堂』レギュラーにてタレントデビュー。
●90年代『ASAYANコムロギャルソン』にて脚光を浴び小室哲哉監修にてCDリリース。(オリコン最高13位)
●パニック障害により長期活動休止を経てダンスイベント『ハレルヤ』主催で復帰。
7回目の開催で1000人を動員。
人気絶頂のケツメイシと小室ファミリーでお世話になった木根尚登さんに友情出演して頂くという奇跡を起こす。
●2000年代城間ツカサとコンビで振付師としても活動開始。
可愛くコミカルな振付を得意とし、主な振付作品は『映画ゲゲゲの鬼太郎』『中村獅童舞台森の石松』『初音ミク』等多数。
演出については少年隊ミュージカルに多大な影響を受けている。
●楽曲提供
ギリギリガールズ(作曲)
BEACH(作詞)fumi(作詞)
CM『住友不動産リフォーム』(作詞&歌唱)
CM『任天堂Wii人生ゲーム』(楽曲プロデュース&振付)
CM『タカラトミーズーブルズ』(歌唱)
renoma50周年イベント(楽曲プロデュース&振付)
●育成
2023年現在『ツカサキッズ』全面プロデュースは12年目に突入。
『CoCoLo♡RiPPLe』歌唱、パフォーマンス指導中。

 作詞作曲家

 



SAKURAmoti
16歳、顔出しはしていないが自称「世界一のイケメン」。
幼少期から楽曲制作を始め、2019年9月に動画投稿サイトに楽曲を投稿、ボカロPデビュー。
ピアノ・ギターが演奏でき、幅広い編曲が可能。
現在ではボカロ曲の投稿だけでなく、歌い手への楽曲提供や歌ってみた動画の投稿なども精力的に行なっている。
バラバラ・アンバランス(作詞・作曲)

 作詞作曲家

 


庄司 裕
Yutaka Shoji
乃木坂46を始め、HKT48、寺島由芙、テーマパークガール等、ガールズグループへの楽曲提供多数の作曲・編曲家。
ファンキーなサウンドを得意としながらも、幅広いジャンルに対応するオールマイティーさが売り。
愛はきっと負けない(作詞・作曲)
風が強く吹いている(作詞・作曲)
未来に彩りを(作詞・作曲)

 作曲家

 


Wald/わーるど
ちゃろえもんとふりゅね。異なる魅力を持った2つのUTAUキャラクターを使用して活動するクリエイター。
温もりと人懐っこさがあるサウンド+キャッチーな歌詞を軸に作り出すポップな世界観が特徴。
代表曲「ねるねるねるね」はbilibili動画で20万回再生されている。
Break Through(作曲)
ココロリップル(作曲)
誰だってスーパースター(作詞・作曲)

 写真家

 


松井 良寛
Ryokan Matsui
新潟県生まれ
2004年よりフォトグラファーとして活動開始
主な仕事は広告を中心としたポートレート
瞬発的で思いつきのような写真が得意

オフィシャルサイト: http://www.ryo-kan.com/

 ボイストレーナー

 


miumiu
ミウミウ
ボイストレーナー、作詞家、プロデューサー。
4歳よりクラシックピアノを習い始め、洋楽好きの父親の影響もあり、様々な音楽に触れながら幼少期を過ごす。
学生時代は合唱部に所属。高校卒業後、本格的に歌の勉強を始め、シンガーソングライターとして楽曲制作、ライブ活動を開始。2007年、自身で作詞作曲したオリジナルアルバムをリリース。全国のラジオ局でパワープッシュされ、番組のパーソナリティも担当。その後もコンスタントにCDをリリース。
2009年、教える側に転向。理論に基づく実践的な指導は評価を得て、当時勤務していたボイストレーニングスクールで稼働率、指名率、レッスン数ともに3年間ナンバーワンを維持。
さらに体の「本当」を知るべく、山本篤氏に解剖学を師事。世界的に有名なボイストレーニングメソッドや解剖学を学び、研鑽を積む日々。2016年、神楽坂にオープンしたスタジオにて、呼吸法、身体の仕組み、発声法など基礎から応用まで、プロ・アマ・初心者を問わず、生徒さんひとりひとりに合わせた指導を行う。
またアイドルのオーディション審査員や、プロデュースの実績を経て、近年はアイドル(ソロ、グループ問わず)の指導にも定評がある。オーディション対策、ステージング、セルフプロデュースの仕方等、幅広く対応。

 振付師

 


今井 夢子
Yumeko Imai
学生時代よりタップダンス、ジャズダンス、演劇を学び、ダンサー・俳優として活動。2012年より、俳優として椿組に所属。
2014年より自身のパフォーマンスユニットManhattan96を創立。演劇的レビューショーの企画上演に力を注ぎ、脚本・演出・振付を務める。
2018年に身体表現を学ぶためヨーロッパに渡る。その後、スペインセビージャのフィジカルシアターカンパニーSENNSA TEATRO LABORATORIOに初のアジア人メンバーとして抜擢され、ツアー公演に出演。現在は帰国し、マルチに活動中。

 作曲家

 


モネルタP
Moneruta P
2019年5月よりボカロPの活動を始める。
楽曲の世界観を重視した独特のピコピコロックサウンドを手掛ける。
ボーカロイドでは珍しいウィスパーボイスを使用した色気のある調声と擬音を基調とするユニークな歌詞が特徴。犬派

YouTubeチャンネル:
https://www.youtube.com/channel/UCTWMdK8p47nE-3IfKRxOX4Q

HOME PARTY(作曲)
プラスチックの恋。(作曲)

 衣装プロデューサー

 

 


梶原 加奈子
Kanako Kajihara
北海道札幌市生まれ。多摩美術大学デザイン学部染織科卒業。
(株)イッセイミヤケテキスタイル企画を経て渡英。2003年より英国の王立芸術大学院(RCA)ファッション&テキスタイルデザイン修士課程終了。欧州のデザインコンペTEXPRINT2005で新境地開拓部門のグランプリ受賞後、フリーランスとして欧州企業にデザインを提供する。2006年に帰国し、(株)KAJIHARA DESIGN STUDIOを設立。テキスタイルデザイナーとして産地工場の素材開発とジャパンテキスタイルのグローバル発信に携わり、欧米のハイメゾンに向けて継続的に販売する。2013年PREMIERE VISION PV Awards The Grand Jury Prizeを日本の企業と共に受賞。2017年よりJAPAN TEXTILE CONTEST審査員長就任。2020年に繊研賞を受賞。クリエイティブディレクターとしてもファッション、インテリア、車、建築など様々な分野のテキスタイル企画やブランド作りに関わる。日本の工場発信ファクトリーブランドのD to C展開を支援するプラットファームを運営する「CRAHUG」プロジェクトの監修を担う。ライフワークとして札幌の森にショップ、ダイニング、ホテルのマインドフルネス複合施設「COQ」を立ち上げ、自然と共に過ごす暮らしのバランスを発信している。HP: http://www.kajihara-design.com

COQ:  http://coq-textile.jp

CRAHUG:  https://www.crahug.jp

 

 プロジェクトサポーター

 


川村 康文
Yasufumi Kawamura
東京理科大学理学部第一部物理学科教授,1959年,京都市生まれ。博士(エネルギー科学,京都大学)。歌う大学教授(環境保護ソング,世界平和を祈る歌など、ホームページで無料配信中)。 2011年3月11日の東日本大震災を受けて“つながる思いプロジェクト”を立ち上げ,震災復興応援の科学実験教室など出前行っている。講演では,作詞・作曲した「つながる思い」を必ず歌を歌う。NHKEテレ「ベーシックサイエンス」の監修および出演。その他にも「チコちゃんに叱られる!」 など,理科実験や理科的内容の解説でいろいろな番組に出演。専門は物理教育・サイエンス・コミュニケーション。高校物理教師を約20年間務めた後,信州大学教育学部助教授,東京理科大学理学部第一部物理学科助教授・准教授を経て2008年4月より現職。 慣性力実験器Ⅱで平成11年度全日本教職員発明展内閣総理大臣賞受賞(1999),平成20年度文部科学大臣表彰科学技術賞(理解増進部門)をはじめ、科学技術の発明が多く賞も多数受賞。論文多数。著書は,「基礎物理学 上・下」(ソフトバンク),「独創性を育てる理科教育論」(講談社),「たのしく学べる理科の実験・工作」(エネルギーフォーラム)など多数。

NEW!!<第三次オーディション プレゼンテーション審査>
<第三次オーディション パフォーマンス 歌唱&ダンス審査>
<SDGsアイドルオーディションへの意気込み>

NEW!!<第三次オーディション プレゼンテーション審査>

NEW!!<第三次オーディション プレゼンテーション審査>

NEW!!<第三次オーディション パフォーマンス プレゼン審査>

NEW!!<第三次オーディション プレゼンテーション審査>


NEW!!<第三次オーディション パフォーマンス プレゼンテーション審査>

<第三次オーディション パフォーマンス 歌唱&ダンス審査>
<SDGsアイドルオーディションへの意気込み>

NEW!!<第三次オーディション パフォーマンス プレゼンテーション審査>

<第三次オーディション パフォーマンス 歌唱&ダンス審査>
<SDGsアイドルオーディションへの意気込み>

NEW!!<第三次オーディション パフォーマンス プレゼンテーション審査>

 

NEW!!<第三次オーディション パフォーマンス プレゼンテーション審査>


<第三次オーディション パフォーマンス 歌唱&ダンス審査>
<SDGsアイドルオーディションへの意気込み>

NEW!!<第三次オーディション パフォーマンス プレゼンテーション審査>

<第三次オーディション パフォーマンス 歌唱&ダンス審査>

<SDGsアイドルオーディションへの意気込み>

NEW!!<第三次オーディション パフォーマンス プレゼンテーション審査>

NEW!!<第三次オーディション パフォーマンス プレゼンテーション審査>

©2023 chiyoda raft inc.